お知らせ

2019年04月26日社員ブログ

ゴールデンウィークにぜひ!

寒い季節も終わり暖かい季節になってきました。

外を見てみると鯉のぼりが元気に泳いでいました。

 

先日は香川県観音寺市にある豊稔池ダムに行ってきました。

想像以上に大きく、大迫力でした。自然に囲まれており、ウグイスの鳴き声も耳にすることができ

ます。

 

豊稔池ダムは日本最古の石積式の「マルチプルアーチダム」です。

 

高さが30.4m、長さは145.5mと大迫力!!

このマルチプルアーチダムで建設されたダムは、香川県「豊稔池ダム」と宮城県「大倉ダム」この2基のみです!

なぜ香川県にこのようなダムができたと思いますか?

それは、、、香川県は降水量が少なく昔から干ばつに悩まされる地域でした。

その対策として、川をせき止めダムを建設されたそうです。

貯水量は159万平方メートルになり、これは東京ドーム約34個分にもなります。

今では、530ヘクタール余りの農地を潤しています。

豊稔池ダムは、大正15年に建設が始まり工事に携わった人はのべ15万人と言われています。

大正時代は、重機などありません。すべて人の手で建設されました!

「あれだけの高さがあるのに!昔の職人さんはたくさんの案や意見を出しながら建設を進めていったんだ」と思いました。

下流部分には当時の古い石積みが残されているそうです。

また、国の重要文化財に指定されています。

これは見に行くしかない!!

訪れた記念にダムカードをもらいました。

みなさんもぜひダムカード、ゲットしてください。

 

 

皆さんは、ゴールデンウィークはどう過ごされますか?

ぜひ、豊稔池ダムにも足を運んでみて下さい!

 

先頭にもどる