お知らせ

2019年03月12日社員ブログ

和住宅の「 定番 」

 

 

2月27・28日

 

 

 

私たちは、「町の工務店ネット総会 in 遠州」に参加する為、

静岡県浜松市に訪れました。

 

総会のテーマは、「THE 定番」設計。

 

2日間に渡り様々な工務店の「定番」に触れ、

また、自社の「定番」を考えました。

 

 

 

 

 

 

写真:秋山東一先生監修 入政建築さん作 「Sukura大久保」

 

 

 

和住宅の 「定番」は、やはり妥協のない“本物の自然素材の家”であることと考えます。

具体的には、

 

・無垢の土佐材(構造材はもちろん、床・天井材・造作材に至るまで)

・セルロースファイバーを用いたデコスドライ断熱工法

・耐震等級3以上の地震に強い家

 

等があげられます。これらはご予算が厳しい場合でも決して削ることのない要素。

和住宅の家つくりの“核”となる標準仕様です。

要望や時代の流れに柔軟に対応していきながらも

家つくりに対するブレない根っこの姿勢が、お施主様たちの安心と信頼につながると信じ

今後も設計力を磨き、よりよいお家つくりをしていきたいと思います。

 

 

 

 

ここからは、はじめて町の工務店ネットのイベントに参加した、

私(片上)の感想を書こうと思います。

 

 

私は、今回はじめて町の工務店ネットのイベントに

参加させていただきました。

今まで社長から全国の素晴らしい工務店さんについて

熱く語ってもらったり、写真を見たりはしていましたが、

いまいち心に響いていませんでした。

しかし、今回はじめて生で見学させていただいて

やっと社長の話していることが理解できました。

今まででは見たことのない

仕上材や、照明配置、間取り、納まりに、

深く感銘を受けました。

また、建物だけではなく人の暮らしに着目した

全国の工務店さん・建築士さんとお話して、

自分もこのような設計がしたい

と強く思いました。

いつかお客様にも感動を与えられる設計が出来るよう

日々精進しようと決意した片上でした。

 

 

 

先頭にもどる